MENU

糖尿病とは記事一覧

糖尿病にかかると様々な症状が出てきます。喉の異常な渇き、それに伴う大量の水分摂取、体重の減少、倦怠感、眠気など、思わぬ症状が出ます。その中でも、糖尿病患者を悩ませるのが強い空腹感です。糖尿病にかかった場合、殆どの患者が食事療法を行います。食事療法で食事制限が付いた場合、強い空腹感は大きな障害となります。今回は、糖尿病の症状の一つである空腹感の原因と対処法をご紹介します。何故空腹感を感じるのか糖尿病...

糖尿病になってしまった場合、日常生活の中で様々なことに気を付けなければなりません。健康体の時に行っていたことが、糖尿病の状態で行うと思わぬ影響が身体に出る場合があります。今回は、糖尿病になった場合の禁忌事項をご紹介します。一日の必要摂取エネルギーを越える糖尿病の最初の段階として、一日の摂取エネルギーが消費を越えてしまうことがあげられます。糖尿病にかかってしまった場合、食事療法と運動療法、場合によっ...

糖尿病の疑いがある場合、より症状を詳しく調べるために精密検査が行われます。検査内容は主に3種類行われます。医療機関によりどの検査を行うかは異なってきます。受診の際は医師と詳しく相談しましょう。また、血糖値は食事により値が上昇するので、検査の際はあらかじめ医療機関へ問い合わせをし、予約時間に合わせて断食を行う必要があります。HbA1cHbA1cは「ヘモグロビンエーワンシー」と読みます。血液中の血糖値...

糖尿病は現代人にとって身近な病気の一つです。しかし、糖尿病をそのまま放置しておくと、血糖値のコントロールができなくなるだけでなく様々な合併症を引き起こします。今回は、糖尿病を放置しておくことで発症する合併症をご紹介します。網膜症網膜症は、眼球の中のカメラのフィルムの役割をする視神経の膜が痛む病気です。糖尿病により高血糖状態が続くと、網膜内の血管壁が徐々にもろくなっていきます。血管壁がもろくなること...

糖尿病に悩んでいる方は、現代社会において数多くいます。糖尿病には1型糖尿病と2型糖尿病の2種類があります。そのうち、2型糖尿病は生活習慣により発症します。このため、糖尿病になりやすい方となりにくい方の傾向をある程度分けることができます。飲酒の有無糖尿病は血糖値が高くなり続けることで発症します。血糖値を下げる働きをするのがホルモンの一種であるインスリンです。健康な方は、血糖値がある程度上昇すると、す...

糖尿病には1型と2型という種類があります。同じ病気ですが、それぞれ原因や症状などが異なってきます。1型・2型の原因1型糖尿病の原因は、すい臓のβ細胞が破壊されてしまい、血糖値を下げるインスリンの分泌がされなくなってしまいます。2型糖尿病の原因は、遺伝的なものを持っている方が、生活習慣の乱れをきっかけに発症します。1型・2型の症状1型糖尿病は、子供や若い方に多く発症します。初期症状では風邪に似た病状...

糖尿病は一度発症すると感知が難しい病気です。糖尿病にかかると、血糖値を下げるホルモンの一種であるインスリンの分泌が低下します。糖尿病にかかった場合、血糖値に気を付けながら症状の進行を抑えなければなりません。しかし、治療を受けずに糖尿病を放置しておくことで病状は悪化し、糖尿病は末期症状となります。糖尿病が末期となると具体的にどのような症状が出るのか、以下にご紹介します。失明糖尿病を放置しておくと、高...

糖尿病に悩む方は年々増加傾向にあります。その糖尿病と切っても切り馳せないのがインスリンというホルモンの一種です。今回は、インスリンと糖尿病の関係性についてご紹介します。インスリンとはインスリンはすい臓から分泌されるホルモンの一種です。すい臓から分泌されたインスリンは血液中の糖の値を下げる効果があります。血糖値を上げるホルモンはいくつか存在しますが、血糖値を下げるホルモンはインスリンしかありません。...

糖尿病を診察する上で欠かせないのがケトン体の量です。糖尿病とケトン体には、どのような関係があるのでしょうか。ケトン体とはケトン体は肝臓で脂肪を分解した時に発生する老廃物のことです。ケトン体は血液を通り全身に運ばれ、筋肉や腎臓などで代謝が行われます。老廃物ではありますが、通常はケトン体が尿に含まれる事はありません。しかし、ケトン体の量が多すぎると血液中に蓄積され、最終的に尿に交じって排出されることに...

糖尿病は成人がかかる病気というイメージを持つ方は多いと思います。しかし、糖尿病は年齢に関係なく発症します。食生活の欧米化やインスタント食品の流通に伴い、現代日本人の食生活は大きく変化しています。その中で育つ子供達にも、糖尿病の危険性は存在しているのです。子供がかかる「小児糖尿病」小児糖尿病とは、小児期に発症した糖尿病を指します。近年では1型糖尿病、または2型糖尿病と呼ばれています。食生活の変化に伴...

糖尿病は自覚症状のないまま進行し、気付いたら発症していたというケースが多い病気です。糖尿病の原因は日常生活の中に多く潜んでいます。その中の一つに、妊娠中にかかる「妊娠糖尿病」というものがあります。妊娠糖尿病とは妊娠糖尿病は、妊娠中に発症した糖尿病未満の糖代謝異常のことです。正確には糖尿病ではありませんが、高血糖が続くことで身体に悪影響を及ぼします。妊娠糖尿病は早期発見が重要です。妊娠初期や初診時に...

食生活の変化と共に、糖尿病で悩んでいる方は増えています。糖尿病は誰でもかかる可能性のある病気です。一度発症すると、感知は難しいとされています。糖尿病は発症する前に防止することが大切です。そのためには、日常生活の中で糖尿病の「サイン」を見逃さないようにしましょう。日本人に多い「2型糖尿病」糖尿病は1型糖尿病と2型糖尿病に分けられます。1型糖尿病は、血液中の糖をコントロールするインスリンを作り出すβ細...