MENU

糖尿病の病型(1型・2型)

糖尿病には1型と2型という種類があります。同じ病気ですが、それぞれ原因や症状などが異なってきます。

 

 

1型・2型の原因

 

1型糖尿病の原因は、すい臓のβ細胞が破壊されてしまい、血糖値を下げるインスリンの分泌がされなくなってしまいます。2型糖尿病の原因は、遺伝的なものを持っている方が、生活習慣の乱れをきっかけに発症します。

 

1型・2型の症状

 

1型糖尿病は、子供や若い方に多く発症します。初期症状では風邪に似た病状が出ます。病状が進むにつれ、のどの渇き、多尿、急激にやせるなどの症状が出てきます。すい臓のβ細胞が破壊されてしまっているため、インスリンの分泌がされなくなってしまいます。

 

2型糖尿病は、自覚症状がないまま進行していきます。健康診断などで分かる場合が多いです。発病はゆるやかで、進行もゆっくりとなっています。インスリンの効果が出にくくなったり、インスリンの分泌のタイミングが悪くなったりします。

 

治療方法

 

いずれも発症が確認されたら、すぐに適切な医療機関で治療を受けましょう。糖尿病は、放置しておくと身体に悪影響を及ぼしたり、様々な合併症の原因となります。

 

1型糖尿病の治療法はインスリン注射が中心となります。すい臓のβ細胞が破壊されてしまうため、体内からインスリン分泌がされなくなります。インスリン注射を行わなければ正常な血糖値を保てません。

 

2型糖尿病の治療法は、まず食事・運動療法を中心に行っていきます。それでも改善されてない場合、飲み薬とインスリン注射で治療をしていきます。