MENU

糖尿病を放置すると発症する合併症

糖尿病は現代人にとって身近な病気の一つです。しかし、糖尿病をそのまま放置しておくと、血糖値のコントロールができなくなるだけでなく様々な合併症を引き起こします。今回は、糖尿病を放置しておくことで発症する合併症をご紹介します。

 

網膜症

 

網膜症は、眼球の中のカメラのフィルムの役割をする視神経の膜が痛む病気です。糖尿病により高血糖状態が続くと、網膜内の血管壁が徐々にもろくなっていきます。血管壁がもろくなることで、目の視力低下を引き起こし、重篤な場合は失明となってしまいます。

 

腎症

 

腎症は、腎臓の機能が損なわれてしまう病気です。血液をろ過し体外へ老廃物を排出する働きのある腎臓の糸球体という血管が、高血糖状態の継続により固くなってしまうことで発症します。腎症を放置すると、腎臓機能が停止する腎不全に陥ってしまいます。

 

神経障害

 

神経障害は、身体の至るところに存在する末梢神経の働きが低下する病気です。末梢神経の働きが低下することで手足のしびれが生じ、放置しておくと温度や痛みなどの外部からの刺激を感じにくくなってしまいます。

 

心筋梗塞

 

現代人にとって身近な病気の一つが心筋梗塞です。患者数は年々増加傾向にあります。心筋梗塞になると心臓の筋肉が酸素不足となり、胸の痛みや息苦しさが出てきます。十得な場合は死亡するケースもあるため、発見次第すぐに治療を受けなければなりません。

 

脳梗塞

 

心筋梗塞と同様に、脳梗塞も現代人に多い病気です。高血糖状態が続いた血管は詰まりやすくなり、動脈硬化となってしまいます。動脈硬化で脳内の細い血管が詰まりやすくなり、脳梗塞を発症します。症状としては、めまい、言語障害、身体のしびれなどがあげられます。