MENU

糖尿病とインスリンの関係性

糖尿病に悩む方は年々増加傾向にあります。その糖尿病と切っても切り馳せないのがインスリンというホルモンの一種です。今回は、インスリンと糖尿病の関係性についてご紹介します。

 

インスリンとは

 

インスリンはすい臓から分泌されるホルモンの一種です。すい臓から分泌されたインスリンは血液中の糖の値を下げる効果があります。血糖値を上げるホルモンはいくつか存在しますが、血糖値を下げるホルモンはインスリンしかありません。血糖値のコントロールができなくなる糖尿病では、インスリンは欠かせない存在なのです。

 

インスリンの働き

 

人間は食事をすることで血糖値が上昇します。配合量は異なりますが、食材にはブドウ糖が含まれているため、摂取することで血液中に糖が流れ出すのです。

 

健康な方は血糖値の上昇とともにすい臓からインスリンが分泌され、インスリンと受容体が結合して食物に含まれるブドウ糖が細胞の中に入り込みます。すると、血糖値が下がり時間の経過とともに正常値となるのです。

 

糖尿病とインスリン

 

糖尿病になるとインスリンの分泌量が必要以下となったり、分泌の速度が低下します。すると、食事によって上昇した血糖値が上がったままとなり、身体に様々な悪影響を及ぼします。

 

糖尿病になってしまった方は、インスリンを注射して体外から補ったり、すい臓からインスリンを分泌するように働きかける薬を飲むことで血糖値を下げます。糖尿病による血糖値の上昇を防ぐためには、インスリンを使った治療は欠かせなくなります。