MENU

糖尿病の末期症状

糖尿病は一度発症すると感知が難しい病気です。糖尿病にかかると、血糖値を下げるホルモンの一種であるインスリンの分泌が低下します。糖尿病にかかった場合、血糖値に気を付けながら症状の進行を抑えなければなりません。

 

しかし、治療を受けずに糖尿病を放置しておくことで病状は悪化し、糖尿病は末期症状となります。糖尿病が末期となると具体的にどのような症状が出るのか、以下にご紹介します。

 

失明

 

糖尿病を放置しておくと、高血糖状態の血液が眼底にある網膜にダメージを与えます。このダメージを逃すため、網膜内に非常に脆い血管が作られます。この血管が壊れ出血することで、目の機能に大きな障害を与え、重篤な場合は失明に陥ります。

 

下肢切断

 

糖尿病にかかると下肢を切断するというイメージを持たれている方は多いと思います。糖尿病による高血糖状態は末梢神経を傷付け、外部からの刺激に対して感覚が鈍くなります。すると、わずかな傷口から最近が侵入して化膿しても気付かない場合が多くなります。この状態を放置しておくと皮下組織や骨を腐らせてしまいます。

 

この状態を壊疽と呼び、壊疽を起こした部分は切除することで治療をします。壊疽は放置しておくと血液の細菌感染症を引き起こし、重篤な場合は死亡するケースもあります。

 

人工透析

 

人工透析とは血液を機械を使い、体外でろ過することです。これは糖尿病により腎臓機能が低下・停止し、血液のろ過が行われなくなるため人工的にろ過を行わなければ命にかかわるからです。人工透析は大きな手間や費用がかかるため、本人や家族の負担も大きくなってしまいます。