MENU

妊娠糖尿病とは

糖尿病は自覚症状のないまま進行し、気付いたら発症していたというケースが多い病気です。糖尿病の原因は日常生活の中に多く潜んでいます。その中の一つに、妊娠中にかかる「妊娠糖尿病」というものがあります。

 

妊娠糖尿病とは

 

妊娠糖尿病は、妊娠中に発症した糖尿病未満の糖代謝異常のことです。正確には糖尿病ではありませんが、高血糖が続くことで身体に悪影響を及ぼします。妊娠糖尿病は早期発見が重要です。妊娠初期や初診時にはスクリーニングの血糖調査を行い、妊娠糖尿病を未然に防ぎます。

 

妊娠糖尿病の原因

 

妊娠中は胎盤からインスリンを抑えるホルモンが分泌されたり、インスリンを破壊する酵素が作られます。そのためインスリンが効きにくい状態になりやすく、血糖値が上昇してしまいます。これが妊娠糖尿病の原因です。

 

妊娠糖尿病の弊害

 

妊娠糖尿病により血糖値が高い状態が続くと、身体に様々な影響を及ぼします。母体は流産や早産の危険性が高まります。また、妊娠高血圧症候群や羊水過多症などの合併症を引き起こします。胎児には、先天奇形、過剰発育、胎児仮死などの症状や、低血糖、低カルシウム血症、他血症などの合併症を引き起こします。

 

妊娠糖尿病をただの高血糖と放置しておくと、場合によっては母体や胎児の生死に関わる重篤なケースに発展します。妊娠中は特に身体の変化が激しい時期です。身体の健康を維持すると共に、血糖値のチェックをしっかり行い、妊娠糖尿病を未然に防ぎましょう。