MENU

糖尿病の合併症記事一覧

糖尿病にかかると、血糖値のコントロールができなくなるだけでなく、様々な合併症を引き起こす可能性が出てきます。その中でも深刻な問題となるのが腎障害です。腎障害は特に自覚症状のないまま徐々に進行していくため、発見が遅れる場合があります。糖尿病と腎障害糖尿病にかかり腎障害が出てくるまで約10〜20年ほどかかります。その間、ゆっくりと症状が進行していきます。腎障害に陥ると重篤な場合は人工透析を受けなければ...

骨粗鬆症には2種類あります。一つは加齢や閉経などが原因の原発性骨粗鬆症、もう一つが病気やステロイド剤の投与による続発性骨粗鬆症です。このうち、続発性骨粗鬆症の原因の一つに糖尿病があげられます。糖尿病の方は、骨粗鬆症のリスクが高まってしまうのです。糖尿病と骨粗鬆症糖尿病は血糖値のコントロールを行うホルモンの一種、インスリンの分泌が正常にされなくなり、血糖のコントロールができなくなります。インスリンに...

糖尿病は血糖値が上昇するだけでなく、様々な疾患を併発する病気です。糖尿病の合併症の中でも多いのが高血圧です。どちらも大きな自覚症状がないまま症状が進行するので注意が必要です。高血圧とは高血圧とは、血液が血管の内側にかかる圧力が高くなることです。高血圧状態が続くことで身体に様々な悪影響を及ぼします。高血圧の原因としてあげられるのが、塩分過多の食事、運動不足、ストレス、肥満などです。何故糖尿病と高血圧...

糖尿病にかかると様々な合併症を引き起こします。日本糖尿病学会総会で、糖尿病と物忘れについての発表がされ、糖尿病の方は一般の方に比べると約3倍の確率で物忘れや認知症になりやすいという結果が出ました。これは糖尿病の方だけでなく、糖尿病予備軍の方も当てはまるとのことです。生理的物忘れと認知症の違い生理的物忘れは加齢により発症します。認知症とは別物で、過去の体験の一部を忘れる、物忘れの自覚があるなど、日常...

糖尿病の合併症の一つに、白内障と緑内障の目の疾患があげられます。糖尿病になることで何故目の疾患が起こるのでしょうか。白内障と糖尿病白内障は加齢により起こる老化現象の一つです。しかし、糖尿病にかかることで白内障の発症リスクは更に高まります。白内障は目の中にある水晶体という部分が白く濁ってしまう病気です。濁ってしまうため、光が通過しづらくなったり乱反射を起こすため、目が見えにくくなってしまいます。普通...

糖尿病患者の方は歯周病になりやすい傾向にあります。糖尿病でない方と比べ、糖尿病患者は約2倍の頻度で歯周病を発症するという報告があります。今回は、糖尿病と歯周病の関係性についてご紹介します。歯周病の原因歯周病は細菌因子、宿主因子、環境因子の3つが原因で発症します。細菌因子は歯と歯の間に潜んでいる細菌が感染を引き起こすことで発症します。宿主因子は歯周病を起こりやすくする身体の状態を持っていることで発症...