MENU

糖尿病と目の疾患〜白内障と緑内障〜

糖尿病の合併症の一つに、白内障と緑内障の目の疾患があげられます。糖尿病になることで何故目の疾患が起こるのでしょうか。

 

白内障と糖尿病

 

白内障は加齢により起こる老化現象の一つです。しかし、糖尿病にかかることで白内障の発症リスクは更に高まります。

 

白内障は目の中にある水晶体という部分が白く濁ってしまう病気です。濁ってしまうため、光が通過しづらくなったり乱反射を起こすため、目が見えにくくなってしまいます。

 

普通の白内障は水晶体の端の方から濁り始めますが、糖尿病による白内障は初めから水晶体の中ほどに濁りが出てきてしまい、早い段階で目が見えにくくなります。

 

糖尿病による白内障の場合、治療法は普通の白内障とことなります。普通の白内障は、水晶体の全面の膜を取り除き、人工レンズの人工水晶体を入れることで視力を回復することができます。糖尿病による白内障は、水晶体の後ろの膜に再び濁りが生じやすくなるので、注意が必要です。手術後は定期的に経過観察が必要となります。

 

緑内障と糖尿病

 

緑内障は、眼圧が高くなることで視神経が障害を受け、視力が低下したり視野が狭くなる病気です。最悪の場合、失明する可能性もあります。眼圧とは、眼球の角膜と水晶体の間を満たす房水により一定に保たれている圧力のことです。

 

糖尿病が進行すると糖尿病性網膜症となり、更に進行することで緑内障を発症する危険性が高まります。

 

緑内障になると、視力の低下、目の激痛、吐き気、頭痛などの症状が出てきます。しかし、糖尿病の神経障害によりこれらの症状を感じにくくなり、発見が遅くなるケースもあります。糖尿病にかかってしまった場合、目に異常を感じたらすぐに適切な医療機関で診察を受けましょう。