MENU

糖尿病は遺伝するのか

糖尿病は遺伝するというイメージを持っている方は多くいます。実際に、両親が糖尿病の場合、65歳までに糖尿病を発症する確率は40〜50%と言われています。更に、一卵性双生児の場合、糖尿病発症の確率は41〜94%という高い数値となります。

 

糖尿病自体は遺伝しない

 

糖尿病は伝染病などとは違い、他人に移る病気ではありません。しかし、糖尿病になりやすい体質という方は多くいます。

 

糖尿病が遺伝するというのはあくまで糖尿病になりやすい体質が遺伝するだけであって、糖尿病自体は遺伝しません。しかし、家族で糖尿病の方がいた場合は注意が必要です。

 

糖尿病に関係する遺伝子

 

糖尿病には1型糖尿病と2型糖尿病があります。このうち、2型糖尿病は生活習慣により引き起こされるもので、現代の日本人の糖尿病患者のほとんどがこの2型糖尿病患者となっています。

 

2型糖尿病になりやすい方の傾向として、「KCNQ1」という遺伝子を持っている方があげられます。KCNQ1は遺伝子は心臓の筋肉を動かす上で重要な働きを持つものですが、一方でこの遺伝子を持っている方は2型糖尿病になるリスクが1.3〜1.4倍にもなると言われています。

 

遺伝子だけが糖尿病の原因ではない

 

KCNQ1という遺伝子が2型糖尿病発症のリスクを高めるというのは先述のとおりですが、同じ遺伝子を持っていても生活習慣の違いにより発症する可能性は異なります。

 

糖尿病患者が増加した原因として、食生活の変化が背景にあげられます。飽食の時代となった現代では、糖尿病になるリスクは昔より大幅に増加しています。

 

糖尿病になりやすい傾向の方でも、食生活をしっかりと管理し、健康的な生活を送るように意識すれば糖尿病にはなりません。糖尿病を未然に防ぐために、しっかりとした生活を送るようにしましょう。