MENU

ストレス性糖尿病とは

従来、糖尿病の原因としてストレスは考えられていませんでした。しかし、近年の研究では、慢性的なストレスが糖尿病発症リスクを高めるという研究結果が発表され始めています。詳しいメカニズムは未だに不明ですが、ストレスが糖尿病に与える影響は小さくありません。

 

ストレスと糖尿病

 

ストレスは現代社会において切っても切り離せないものです。このストレスが、糖尿病患者の治療とホルモン作用に大きな影響を与えると考えられています。

 

まず、糖尿病の治療は投薬だけでなく、食事療法や運動療法など、患者自身が行動しなければならないものがあります。

 

ストレスはこれらの行動に障害となり、暴飲暴食や運動を怠けてしまう原因となります。また、人間はストレスを感じるとストレスホルモンであるコルチゾルやカテコラミンを分泌します。これらは血糖値を上昇させる作用があるため、糖尿病患者に大きな影響を与えてしまいます。

 

ストレス性糖尿病を予防するには

 

ストレスと糖尿病はイコールではありませんが、糖尿病となる一つの要因となります。ストレスによる糖尿病を防ぐには、日常生活の中でストレスを解消し、ストレスと上手く付き合うことが大切です。

 

簡単なストレス解消法としてあげられるのが運動です。一日30分程度のウォーキングをするだけでストレスを解消することができます。また、身体を動かすことで血行促進に繋がり、健康的な身体作りをすることができます。

 

糖尿病の予防の一つとして、肥満解消があげられます。運動は肥満の原因となる脂肪の燃焼にも繋がるので、糖尿病治療には最適な方法です。

 

その他、自分の趣味に没頭したり、他人とおしゃべりをするなど、ストレスを解消する方法は身近に多く存在します。ストレスを貯めないような習慣を作り、糖尿病の予防をしましょう。