MENU

糖尿病とステロイド治療

糖尿病は血糖値を下げるインスリンの分泌機能が低下したり、分泌が停止してしまう病気です。インスリンが上手く分泌されなくなることにより、血糖値が上昇したままになり、身体に様々な影響を及ぼします。

 

血糖値は食事などで上昇します。その他、薬物投与により上昇する場合があります。糖尿病治療を行っている方で他の病気を治療中の場合、注意が必要となってきます。

 

そのうちの一つが、ステロイド治療を行っている方です。ステロイド治療は糖尿病治療の障害となります。今回は、ステロイド治療と糖尿病についてご紹介します。

 

ステロイドと血糖値

 

ステロイド薬は、炎症性疾患、免疫系疾患、アレルギー性疾患の治療など多くの病気の改善に使われます。ステロイド薬の主成分はグルココチコイドと呼ばれる成分です。グルココチコイドはインスリン拮抗ホルモンでもあり、インスリンの働きを阻害してしまいます。

 

つまり、ステロイド薬を摂取することで血糖値が上昇しやすくなるので、糖尿病治療中の方はステロイド薬の摂取に注意しなければなりません。

 

対処法

 

ステロイド薬による血糖値の上昇は、ステロイド薬の摂取を中止すれば改善する場合が多いため、かかりつけの医師と相談しながら摂取しましょう。

 

まれにステロイド薬の摂取が終わっても高血糖状態が続く場合があるので、普段の血糖値管理をしっかりと行いましょう。

 

ステロイド薬を短期間使用する場合は、血糖値が上がらないように食事や運動に気を付けましょう。気になる方はステロイド薬を処方した病院に相談をしましょう。医師には投与前に糖尿病を患っていることを伝え、適切な治療を受けるようにしましょう。