MENU

糖尿病とEDの関係性

糖尿病にかかると血糖値を下げるインスリンが上手く分泌されなくなり、血糖値が高くなってしまいます。高血糖値状態は身体の至る所に悪影響を与え、単なる体調不良と思い込んでいたのが実は糖尿病の症状の一つだったということも珍しくありません。糖尿病とイコールで結びつきにくい病気は多くあります。そのうちの一つがEDです。

 

糖尿病がEDを引き起こす理由

 

EDを防ぐためには、脳や神経、海綿体や血流が正常に機能する必要があります。しかし、糖尿病を発症するとこれらの機能に複数の問題が起こってしまいます。

 

まず、糖尿病の合併症としても多い神経障害が原因の一つとしてあげられます。糖尿病により高血糖状態が続くと神経回路に異常が生じ、正常に機能しなくなりEDが起こります。

 

動脈硬化もEDを引き起こす原因となります。高血糖状態は血液中に糖が多く存在するということで、この糖が血管を傷つけてしまいます。

 

傷ついた血管壁は血流が悪くなり、これが動脈硬化の引き起こしてしまうのです。動脈硬化は脳や心臓で起こると重篤な症状に繋がりますが、内腸骨動脈から陰茎動脈にかけて発生することでEDの原因となります。

 

糖尿病が原因のEDの診断方法と治療法

 

糖尿病性EDは、糖尿病発症から現在までの期間と、動脈硬化の進行度合い、ヘモグロビン A1cの数値などから判断されます。

 

糖尿病とEDの合併症は珍しくないため、病院で相談しすぐに治療を受けることができます。治療法としては薬の服用と生活習慣の改善があります。糖尿病の治療と並行しながら薬を服用しED治療を行うか、EDの根本的な原因である糖尿病を改善するか、本人に合った治療法が取られます。