MENU

糖尿病患者の方はインフルエンザに注意

糖尿病にかかると血糖値が上昇し、身体に様々な悪影響をもたらします。そのうちの一つに、インフルエンザにかかりやすくなるということがあげられます。

 

糖尿病患者のインフルエンザ発症率

 

欧州糖尿病学会が発行しているダイアビトロジアという医学誌で、糖尿病をもつ方は糖尿病でない一般の方に比べ、インフルエンザにかかる確率が高いという発表がありました。

 

調査対象になった患者数は16万3、202名で、年齢は18〜64歳、うち女性が48.5%です。調査期間は2000〜2008年で、調査対象地域はカナダのマニトバ州、インフルエンザとみられる症状を示した方で入院治療を受けた患者を対象にしています。

 

調査結果では、糖尿病患者がインフルエンザにかかる確率はそうでない方に比べ高く、入院するリスクは6%ほど高いという内容になりました。また、ワクチン接種を受けた方はインフルエンザ発症率が抑えられ、予防接種推奨を推し進める結果となりました。

 

糖尿病患者がインフルエンザを発症しやすい理由

 

糖尿病は血糖値を下げるインスリン機能が低下したり、インスリンの分泌自体が停止してしまう病気です。インスリン分泌の異常は高血糖の原因となり、この状態が続くと身体の免疫機能が低下してしまいます。
免疫機能の低下は身体にウイルスや菌の侵入を許してしまうこととなり、ウイルスが原因のインフルエンザにかかりやすくなってしまうのです。

 

上記の結果を受け、米国糖尿病学会とカナダ糖尿病学会は糖尿病患者にインフルエンザの予防接種を受けることを推奨しています。国内でもインフルエンザの流行は珍しくないので、特に糖尿病患者の方は気を付けましょう。