MENU

糖尿病患者の方が住宅ローンを借りる方法

糖尿病患者の方は、病気を抱えているという問題や将来性のリスクを抱えているため、闘病だけでなく普段の生活でも制限をつけられる場合があります。

 

そのうちの一つが住宅ローンです。糖尿病の方で住宅ローンの審査が通らず、ローンを借りられないというケースは珍しくないようです。

 

糖尿病の方が住宅ローン審査に引っかかってしまう場合

 

住宅ローンを借りる場合、いくつかの条件があります。そのうちの一つに、「過去3年以内で、手術または2週間以上に渡る糖尿病の治療や投薬を医師から受けたことがあるか」という告知があります。

 

これに糖尿病患者の方が当てはまってしまうのです。2週間の治療は、1回病院へ行き、2週間分の薬を処方された時点で当てはまってしまいます。

 

糖尿病と診断されても当てはまらない場合

 

糖尿病と診断をされても住宅ローン審査項目に引っかからない場合が二つあります。一つが、糖尿病と診断を受けただけで、処方された薬が1週間分のみ、さらにそれ以降病院へ行っていない場合。もう一つが、3年間は病院へ行っていないという場合です。

 

住宅ローンを借りる方法

 

先述の条件に当てはまらなくても、糖尿病の方でも住宅ローンを借りられる二つの方法があります。一つ目が、症状が安定しているという医師の診断書を提出することです。住宅ローンを借りる際は診断書は必要ありませんが、診断書を付けることで内容は考慮されます。

 

二つ目は、住宅ローンの中でも条件が緩いところを選ぶことです。一言で住宅ローンとまとめてもその種類は様々です。また、生活習慣の変化と共に住宅ローンなどの借り入れも変化しています。審査に通らないという方は、糖尿病の方でも入れる住宅ローンを探してみましょう。