MENU

糖尿病患者の方に適切やお土産やお見舞い品

糖尿病の方に対して、お土産や入院のお見舞い産は気を付けなければなりません。今回は、糖尿病の方向けのお土産やお見舞い品をご紹介します。

 

厳禁なお土産やお見舞い品

 

糖尿病は血糖値を下げるインスリンの分泌作用が低下したり、分泌が停止してしまう病気です。高血糖状態が続くため、身体には様々な影響が出ます。

 

糖尿病患者の多くは食事療法という治療法をとっています。食事療法は一日の摂取エネルギー量が決められており、血糖値を上げる食品はなるべく避けるように指導されます。血糖値を上げる食品の代表が甘いものです。糖尿病患者の方に対して、糖分が多い甘いものは厳禁です。また、高カロリーなお菓子などの食品、高血圧の原因となる塩分過多の食品も厳禁です。

 

糖尿病患者向けのお土産やお見舞い品

 

一口に糖尿病とまとめても、軽度の方や重度の方、合併症を併発している方とそうでない方がいます。もし相手が入院措置を取っている場合は、手土産は食品ではなく生活必需品や娯楽用品にしましょう。入院中は食事制限が厳しくなっています。

 

そこまで症状が重くない、重篤な合併症も特にないという場合は、低カロリーの食品など、血糖値が上がりにくいものを選びましょう。

 

近年は健康ブームのため、低カロリーやノンシュガーの商品も数多く販売されています。合併症を併発している場合は、その病気の禁止事項をしっかりと調べ、問題のない品物を選びましょう。その他、相手の好みやアレルギーなども把握した上でお土産やお見舞い品を選ぶようにしましょう。