MENU

糖尿病の初期症状が出やすい足

糖尿病はかかっても初期症状が出にくく、自覚症状のないまま進行していきます。気付いたら糖尿病になっていた、病状が進行していたというケースも少なくありません。

 

糖尿病の初期症状は分かりにくいですが、比較的頻度が高く症状が出る場所が足です。普段から足の症状を気にすることで、糖尿病を早期発見することができます。

 

足の症状は糖尿病の合併症

 

糖尿病は血糖値を下げるホルモンの一種であるインスリンが分泌されにくくなることで発症します。インスリンが分泌されず血糖値が上がったままの状態が続くと、身体に様々な弊害が起こります。

 

糖尿病の弊害の一つとして合併症があげられます。糖尿病は合併症の多い病気としても知られています。
その合併症の一つに、糖尿病神経障害というものがあります。これが足の症状の原因です。

 

糖尿病神経障害とは

 

糖尿病神経障害は糖尿病の合併症の一つで、糖尿病の3台合併症の一つとして数えられています。また、3台合併症の中でも最も頻度が高く発症するのが糖尿病神経障害です。そのため、糖尿病の早期発見の指針となります。

 

糖尿病神経障害の足に出る症状として、痺れ、違和感、ほてり、冷え、こむら返り、感覚が鈍くなるなどがあげられます。症状の原因は足の血行不良です。糖尿病になると血液中の糖の割合が増え、血液がドロドロになってしまいます。すると血行不良に陥り、足に症状が出てくるのです。

 

他の部位ではなく足に症状が出やすいのは、足の末端には毛細血管が集中しており、血流が悪くなるとより血管が細い毛細血管から症状が出てくるからです。

 

足のトラブルは加齢と共に起こる頻度は高くなりますが、違和感を見過ごさず普段からしっかりとチェックをしましょう。