MENU

糖尿病からくるかゆみについて

糖尿病は意外な症状を伴うことがあります。そのため糖尿病と関連がないと判断してしまい、放置してしまうケースも珍しくありません。

 

その症状のうちの一つが肌のかゆみです。糖尿病患者のおよそ3人に一人が肌のかゆみに悩んでいると言われています。今回は、糖尿病と肌のかゆみについてご紹介します。

 

糖尿病と肌のかゆみ

 

糖尿病からくる肌のかゆみは初期の段階で症状として現れます。かゆみが進行すると皮膚に細菌が入り込み、高熱や糖尿病性昏睡、壊死が起こる場合もあります。

 

また、できものや腫れ、カンジダ症などの皮膚病が起こります。糖尿病が原因のできものは治りにくいと言われています。強い炎症を起こし膿が貯まりやすく、手のひらサイズまで腫れ上がる場合もあります。かゆみは2次感染を引き起こす原因となるため、症状を軽視せずしっかりと治療する必要があります。

 

かゆみの原因

 

糖尿病の症状の一つに多尿があげられます。多尿が続くと身体は脱水状態となり、皮膚が乾燥しやすくなりかゆみを感じるようになります。

 

また、血糖値が高い状態が続くことで身体の抵抗力が低下し、弱った皮膚が外部からの刺激に反応し、かゆみを引き起こす場合もあります。冬場などの乾燥した環境下ではかゆみが症状として現れやすい傾向にあります。

 

かゆみの対処法

 

かゆみの原因となっている多尿と高血糖状態を改善しましょう。食事療法、運動療法、インスリン投与など、医師と相談し糖尿病の改善に努めましょう。

 

すぐにできる対策として、肌を常に清潔に保つことがあげられます。こまめに汗を拭き取ったり通気性を良くするなど、細菌が入り込まないようにしましょう。冬場は乾燥対策に、保湿クリームを付けましょう。市販のかゆみ止めも効果があります。