MENU

糖尿病と眠気の関係性

眠気が強すぎて我慢できない日が多くなっている、寝不足ではないけれど急激に眠気が襲ってきたという場合、糖尿病の疑いがあります。糖尿病と眠気には大きな関係があります。今回は、糖尿病と眠気についてご紹介します。

 

糖尿病が眠気を引き起こす原因

 

糖尿病はインスリンの分泌が上手くされず、食後などに血糖値が上がってしまった場合、そのまま高血糖の状態が続いてしまうという症状が出ます。

 

血糖値が上手くコントロールできず、血糖値が乱高下を起こすことで、脳に必要なエネルギーが確保できず、脳を休ませるために眠気が出てくるのです。

 

急激な血糖値の変化は身体に様々な悪影響を及ぼします。これを防ぐために身体の活動を少なくさせるのが眠気の原因です。眠気は日常生活や仕事に大きな支障をきたします。しかし、身体からの救難のサインのため放置しておくこともできません。

 

生命維持のために脳から送られてくる眠気の信号は、逆らうことはできません。やる気や気力で乗り切ることはほぼ不可能なのです。

 

眠気の対処法

 

眠気の改善は糖尿病の改善と同様です。まず、一番初めに取り組むことが普段の食事の見直しです。炭水化物中心の食事は眠気を引き起こし、糖尿病の治療にも影響を与えます。しっかりとバランスを見ながら、それぞれの栄養素をしっかりと摂取できるような食事をするようにしましょう。

 

運動をする

 

適度な運動は血糖値を下げてくれます。同時に、運動によりGLUTという成分を活発化させることにより、細胞がブドウ糖を取り込み、血液中のブドウ糖の値は少なくなります。GLUTにより血糖値を安定させることで糖尿病対策をすることができます。同時に眠気も解消することができます。

 

睡眠時間をしっかりと取る

 

眠気対策には睡眠時間をしっかりと確保することも大切です。睡眠により疲れを取り、糖尿病を悪化させてしまうストレスも睡眠で解消しましょう。