MENU

糖尿病のサインである「臭い」について

糖尿病は身体の様々な部分に悪影響を及ぼします。糖尿病と一言でまとめても、その症状は多岐にわたります。そのうちの一つが「臭い」です。臭いは他人に与える印象が大きい要素なので、気になっている方も多いものです。

 

今回は、糖尿病独特の臭いの症状についてご紹介します。

 

糖尿病独特の臭い

 

臭いは病気のサインの一つです。臭いが症状として現れる病気は数多くあります。糖尿病もその一つで、糖尿病になると体臭が甘酸っぱくなります。

 

また、尿にも臭いが出てきます。普通の尿は無臭か少しのアンモニア臭がしますが、糖尿病にかかると尿が甘い臭いや甘酸っぱい臭いを放ちます。体臭が甘酸っぱい独特な臭いになったら要注意です。

 

臭いの原因

 

糖尿病は糖の代謝が上手くできなくなります。これが、糖尿病独特の甘酸っぱい臭いに繋がります。普段の食事で糖質を含む食品を摂取すると、体内で糖質が分解されブドウ糖に変化します。

 

健康な方の場合、ブドウ糖はエネルギーに変換され、身体を動かす動力となります。しかし、糖尿病は糖代謝に異常が発生し、エネルギーに変換されなくなります。すると身体は糖の代わりに脂肪をエネルギーとして使います。

 

脂肪を分解する際に発生するのがケトン体という成分です。ケトン体は一定量でしたら問題ありませんが、多く発生することで糖尿病独特の甘酸っぱい体臭を作り出します。つまり、糖尿病独特の臭いは、ケトン体が原因ということになります。

 

ちなみに、ケトン体の異常発生は糖尿病だけでなく、同じ過程を経る過度なダイエットで脂肪を燃焼することで、同じように甘酸っぱい体臭となります。