MENU

糖尿病の有無を見る尿の泡立ち

糖尿病は血糖値を下げるインスリンが正常に分泌されなくなり、血糖値が上がったままの状態になってしまう病気です。血糖値が上がったままになってしまうと、身体に様々な弊害が起こります。そのうちの一つに、尿の変化が現れます。

 

尿の泡立ちは糖尿病のサイン

 

尿検査は健康診断で用いられる検査方法の一つです。尿に含まれている成分を調べることで、その人の健康状態を調べることができます。

 

糖尿病の検査は血液採取により行われますが、セルフチェックの指針として利用できるのが普段の尿の様子です。特に、見た目でわかるのが尿の泡立ちの有無です。

 

健康な方の尿は泡立ちがほとんどありません。泡立ちがあってもすぐに消えてしまいます。しかし、糖尿病の方の尿は尿に糖分が出てしまっているため、尿の粘度が増して泡立ちやすい状態となっています。また、時間が経っても泡は中々消えません。

 

糖尿病が気になる方は、普段の尿をチェックして泡立ちがあるかどうかを見てみましょう。

 

その他尿で分かる糖尿病のサイン

 

その他に糖尿病のセルフチェックとして使えるのが、尿の色、頻度、においです。健康な方の場合、尿の色は淡黄色や麦わら色で、頻度は一日に4〜6回、においはほとんどありません。

 

しかし、糖尿病の肩の場合、尿の色は非常に薄い淡黄色や無職で、頻度は一日に10回近く、においは甘酸っぱかったり甘いにおいがします。

 

糖尿病の方の尿は、尿に糖が溶け出すことで上記のような状態となります。糖尿病は初期症状があまりなく、自覚症状も少ない病気です。しかし、普段から自分の尿の様子をチェックすることで糖尿病に気付くことができます。糖尿病が気になる方は健康の指針として自分の尿をチェックするようにしましょう。