MENU

糖尿病と体重減少

糖尿病と一言でまとめても、その症状は多岐にわたります。そのうちの一つに、急激な体重減少があげられます。特に食事制限や運動をしていないのに体重が急激に減少し始めたら注意が必要です。

 

糖尿病による体重減少のメカニズム

 

糖尿病により体重が減少する原因として、血糖増加による細胞の脱水症状があげられます。通常、水分補給がされると細胞にも水分が浸透しますが、血液中に糖が多く存在する状況では細胞に水分が上手く浸透しません。高血糖状態を改善しなければ浸透力も改善されないため、細胞は脱水症状のままになってしまいます。

 

また、糖尿病にかかると脂肪が燃焼されるということも体重減少の一つの原因です。糖尿病は血糖をコントロールするインスリンが正常に分泌されず、高血糖状態が続くという症状があります。

 

高血糖状態が続くと、食品から摂取したブドウ糖が正常に細胞に取り込まれず、エネルギーに変換されません。糖の代わりにエネルギーとして消費されるのが脂肪です。糖尿病になると脂肪が燃焼されやすい状態となるため、体重が減少してしまうのです。

 

体重減少を発見したらすぐに治療を

 

糖尿病の症状である体重減少が出てきた場合、既に糖尿病が進行している状態と言えます。体重の減少は糖尿病を発症して数年で出てきます。今起こっている体重減少が食事管理屋運動によるものなのか、それ以外の要因なのかをしっかりと見極めなければなりません。

 

糖尿病の疑いがある場合、すぐに医師の診察を受けましょう。糖尿病を放置しておくと、様々な合併症を発症したり、病状の進行により身体に様々な悪影響が出てきてしまいます。