MENU

何故糖尿病患者は多尿になるのか

糖尿病の症状の一つに頻尿があげられます。糖尿病でよく見られる症状の一つで、糖尿病の初期の自覚症状の一つでもあります。医師から糖尿病と診断されていなくても、尿の回数が異常に多くなった場合、糖尿病を疑いましょう。

 

糖尿病の頻尿の原因

 

頻尿は体内で作られる尿の量が増加することで発生します。血糖値が高くなると腎臓が血液中のブドウ糖を減らすために。水分と共に尿として排出させようと働きます。

 

しかし、糖尿病になると血液の糖の値は常に上昇しています。頻尿が繰り返されるのはこれが理由です。根本から改善していかなければ頻尿は治りません。

 

また、糖が水分と一緒に排出されるのが多くなるということは、体内が水分不足に陥るということになります。すると、身体は水分を補給しようと喉の渇きを訴えます。渇きを癒そうと、自然と水分の補給料は増えていきます。この大量の水分摂取も最終的に尿として排出されてしまうため、頻尿の原因の一つとなるのです。

 

症状の改善方法

 

高血糖状態を改善することで頻尿を解消することができます。そのためには、医師の指導のもとしっかりとした糖尿病の治療を受けることが大切です。

 

糖尿病治療がうまくいき、血糖コントロールが良くなれば頻尿の症状はほとんどなくなります。医師の指示に従い、投薬治療や食事療法、運動療法などをしっかりと行い、糖尿病の改善に努めていきましょう。

 

治療を受けているのに頻尿の症状が現れた場合は、治療が適していなかったり、何らかの原因で血糖値が上がっている可能性があります。その場合は原因をしっかりと突き止め、医師と相談しながら自分に合った治療法を探していきましょう。